事業内容

業務スーパー / リカーポート

実践企業 ・・・昭和

平成16年秋、群馬県出張先の夕方、ホテルの部屋にワリバシがなかったため、近所へ買い物に出かけました。見慣れない看板に引かれて、ふらりと入ったのが業務スーパーでした。ワリバシの値段は97円でした。「うん?それは高いのでは...?」、いえいえ100膳入っていました。周囲を見回すと、ツマヨウジが650本で28円、缶のお茶が350ミリ28円、皮をむいたサトイモが500グラム約30個入り88円等々(平成16年当時=いずれも税込:多少の変動有り)、プロを自負している私が目を疑う値段でした。その瞬間、なんとしてでもこのことを地域の皆様にお知らせしたい、ただその一心で「業務スーパー横須賀店」の開業を決意いたしました。僅か5分の出来事でした。私は母と妻の母と一緒に住んでおり、二人の母は一月おきに支給される年金で、山のようにお菓子や飲物を買っています。そのうれしそうな姿を見ると、思い切って開業して良かったと思っています。

併設のリカーポートでは、お酒を販売しております。業務スーパーのお買い物と一緒にお支払いいただけいます。
年中無休で営業しております。

外販事業

実践企業 ・・・昭和

日本一「トンネルの多い街」として知られる「横須賀」、この意味するところは「山・坂・階段」が多いということです。近年の新興住宅地は車庫付き住宅がほとんどですが、昭和50年代まではそうではありませんでした。例えば昭和45年に風光明媚な高台に新築住宅を購入した、当時35歳の方は現在80歳に到達し後期高齢者の中心です。日常の買い物を運ぶのに不便している、というお話も聞かれます。

PFAグループは、この先ますます増えていくこの状況を解決するための一役として、PFA急送事業部(軽貨物配送)を開業しました。三浦半島一円、1回476円(税抜=10㎏程度まで)で配送します。時間によっては当日配送が可能であり、現在お買い物代行の需要も増えています。移動制約の解決方法の一つ、それがPFA急送事業部です。

勿論、平地やマンションの方もお気軽にご利用ください。

社宅・住宅供給事業

実践企業 ・・・昭和 YUDI

社宅といえども、また、米軍の仮住宅といえども、快適な住まいを供給することは、とても大切なことだと思います。弊社は、ユニヴァーサルデザインに特化した住宅を提供します。ユニヴァーサルデザインとは、「誰にでもやさしく、わかりやすく」です。障害をお持ちの方、高齢の方に限らず、どなたに対しても住みやすい住宅を目指す点で、バリアフリーとは少し意味合いが異なります。

また、一般財団法人横須賀ユニヴァーサルデザイン研究所の認定各社が、中古物件の買取・リフォーム仕上げ・借り上げ賃貸(サブリース)等、あらゆるシーンの解決に全力を尽くします。どんな方にも心地よい環境(ハード・ソフト両面)をご提供いたします。

ひだまり食品館・生活応援隊

実践企業 ・・・昭和

この事業の特徴は、店に品物を並べて「さあ客よ来い」というスタイルではなく、お客様のニーズに合わせて「配達いたします、お取り寄せいたします、何か必要な事(物ではなく事)はございませんか」というスタンスで、特に高齢者の方が排除されている現代スーパーの常識を覆し、まさしく「生活応援隊」を組織することであります。

私共PFAグループは、平成11年よりユニヴァーサルデザインの研究を重ね、市内でもいち早く実践して参りました。中高齢者に特化した、パソコン教室、ITレスキュー、無添加和菓子店、レストラン、宅配事業、和文化伝承、福祉事業等、当然業務スーパー横須賀店の経営にも本部の押しつけだけではなく、独自の接客サービスを展開して参りました。

今回、これまでの永年に亘る研究成果のノウハウと知識を総合した、生活応援隊を組織し展開することは、時代の先取りをしてゆくものと自負しております。大手も「個食・買物弱者」の対応を始めてはいますが、多くはネット・ファックス・電話・マークシートが必要です。しかしそれは、10年20年先を見すえれば当然でしょうが、今日、今、この時間に必要な方に対応するためには、「大手ではできないことをやる」という言葉につきると思っております。  ひだまり食品館の店舗は小川町にあり、弊社日の出町の業務スーパー横須賀店に買いに行きたくても行けない、行ったは良いが重くて持ち帰れない、そんなお悩みを解決したいと思います。